COLUMNCompTIA Security+とは?合格率や勉強方法、活かせる仕事について解説

  1. ホーム > 
  2. コラム一覧 > 
  3. CompTIA Security+とは?合格率や勉強方法、活かせる仕事について解説

CompTIA Security+とは?合格率や勉強方法、活かせる仕事について解説

CompTIA Security+
・「CompTIA Security+とは?」
・「試験内容、勉強方法は?」
という疑問をお持ちではありませんか?
本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を
  • CompTIA Security+の概要
  • CompTIA Security+を取得するメリット
  • CompTIA Security+が役立つ仕事
  • CompTIA Security+の試験概要や難易度
  • CompTIA Security+の勉強方法
の順番に解説していきます。
IT業界に興味がある方、特にセキュリティ分野に興味がある方には役立つ記事になっています。
ぜひ最後までご覧ください。

CompTIA Security+とは

CompTIA Security+は、ITセキュリティ分野における初心者から中級レベルを対象とした認定資格です。
CompTIA Security+の資格の取得を通じて、脅威、攻撃、脆弱性の分析、セキュリティ設計の理解、リスクマネジメント管理などのセキュリティに関するスキルを網羅的に身に付けることができます。
また、CompTIA Security+は、国際的に認められ、サイバーセキュリティのキャリアを目指す人にとって必要な基本的なスキルを検証するための資格として位置づけられています。
そのため、認定を取得することにより、最新のセキュリティ知識とスキルを持っていることを伝えられるでしょう。

CompTIA Security+の資格を取得するメリットとは

CompTIA Security+の資格を取得するメリットは、以下の3つが挙げられます。
  • セキュリティに関する知識を網羅できる
  • 国内外でサイバーセキュリティのスキルを証明できる
  • 給料が上がる可能性がある
1つずつ確認していきましょう。

セキュリティに関する知識を網羅できる

CompTIA Security+の資格の取得には、セキュリティ分野において幅広い知識を網羅できるメリットがあります。
最新の技術やトレンドにも対応しており、クラウドやモバイル、IoTなどの分野についての知識も身に付けることができます。
そのため、この認定資格は、セキュリティエンジニアとしてのキャリアパスにおいて重要になる資格と言えるでしょう。

国内外でサイバーセキュリティのスキルを証明できる

また、CompTIA Security+の資格を取得するメリットに、国内外でサイバーセキュリティのスキルを証明できることも挙げられます。
この資格は、米国国防総省指令により承認された認定資格で、世界中で約50万人以上が取得しています。
また、システム、ソフトウェア、ハードウェアの保護にも必要であり、幅広い職種で利用できるものです。
認知度が高いため、国内だけでなく国外でも、サイバーセキュリティのスキルの専門家として認めてもらうための証明書となるでしょう。

給料が上がる可能性がある

CompTIA Security+の資格を取得すると、給料が上がる可能性もあります。
現在のポジションでより高い職務を担当できたり、新たなキャリアを見つけたりできるためです。
また、高度な専門スキルや経験を持つセキュリティエンジニアは、年収1,000万円以上を目指すこともできるでしょう。
以下は、世界のサイバーセキュリティの市場(売上高)を示したグラフです。

【世界のサイバーセキュリティ市場規模(売上高)の推移】
世界のサイバーセキュリティ市場規模(売上高)の推移
上のグラフの通り、世界のサイバーセキュリティ市場は、2022年には、711億ドルと年々拡大しています。
そのため、セキュリティエンジニアの需要も増加しており、ITセキュリティを重視する企業が増えていることから、将来的にも高い需要が見込まれます。
こうしたことから、CompTIA Security+の資格の取得は、セキュリティ環境の急速な変化に対応し、専門的な成長を図るための投資としても、高い価値があると言えるでしょう。

CompTIA Security+が活かせる仕事は

CompTIA Security+が活かせる仕事は、以下の2つが挙げられます。
  • セキュリティエンジニア
  • セキュリティアナリスト

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアとは、サーバーの構築や運用・保守や情報セキュリティに関する業務を専門に担当するエンジニアのことです。
具体的な業務は、セキュリティに配慮したシステム設計・運用や、サイバー攻撃を未然に防ぐための調査や対策などがあります。
このような業務において、CompTIA Security+という資格は、セキュリティの実力を示すために役立つでしょう。
以下の記事では、セキュリティエンジニアについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

セキュリティアナリスト

セキュリティアナリストは、サイバー攻撃の分析・報告や、セキュリティソリューションの提案などを行うITセキュリティの専門家です。
セキュリティエンジニアと比較して、より専門的な知識が必要とされます。
下記は、NICTERのサイバー攻撃関連の通信数の推移を示したグラフです。

【NICTERのサイバー攻撃関連の通信数の推移】
NICTERのサイバー攻撃関連の通信数の推移
上のグラフより、サイバー攻撃は、2015年の約632億パケットと比較し、2022年の約5,226億パケットと、約8.3倍と増大しています。
このことから、セキュリティに特化し、高度な分析スキルを身につけたセキュリティアナリストの需要が年々高まっております。
キャリアの基盤を形成するためにも、CompTIA Security+の資格取得が役立つでしょう。
以下の記事では、セキュリティアナリストについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

日本語で受けられる?CompTIA Security+の試験概要について

CompTIA Security+の試験概要を、以下の2つに分けて解説します。
  • CompTIA Security+の試験範囲は?
  • CompTIA Security+の受検方法や受験料について
それぞれ詳しく確認していきましょう。

CompTIA Security+の試験範囲は?

CompTIA Security+の試験範囲は、5つに分かれています。
以下は、試験分野とその出題比率を示した表です。
試験分 内容 出題比率
脅威、攻撃、脆弱性 インターネット上のデバイスへのリスク、新しいDDos攻撃やソーシャルエンジニアリング攻撃の理解 24%
アーキテクチャと設計 クラウドを含むセキュリティ設計の理解 21%
実装 ID管理、アクセス管理、PKI、暗号化の実装、ワイヤレスセキュリティの実施 25%
運用とインシデントレスポンス 基本的な脅威の検出、セキュリティコントロールの実行、デジタルフォレンジックの理解と実行 16%
ガバナンス、リスク、 コンプライアンス リスク管理と規制への準拠理解 14%
出題範囲は広く、出題比率も均等であるため、満遍なく対策することが求められます。

CompTIA Security+の受検方法や受験料について

CompTIA Security+試験は、ピアソンVUEの認定試験センターやオンラインで毎日実施されています。
日本国内の場合、100ヵ所以上のテストセンターがあり、OnVUEオンライン試験も日本国内で利用可能です。
2023年12月現在における、CompTIA Security+の受検方法や受験料は以下のとおりです。
試験の詳細 情報
試験種類 SY0-601、SY0-701
試験開始日 SY0-601: 2020年11月12日、 SY0-701: 2023年11月7日
試験内容 企業環境のセキュリティ状態の評価、適切なセキュリティソリューションの推奨・実施、ハイブリッド環境の監視・保護、法律・方針への適応、セキュリティイベント・インシデントへの対応
問題数 最大90問
出題形式 多肢選択問題およびパフォーマンスベースの問題
試験時間 90分
合格点 750点 (100-900点スケール)
推奨経験 CompTIA Network+およびセキュリティに焦点を当てたIT管理での2年間の経験
言語 英語、日本語、ベトナム語、タイ語、ポルトガル語 (SY0-701では英語、日本語、ポルトガル語、スペイン語)
試験の有効期限 SY0-601: 2024年7月、SY0-701: 未定 (通常は開始から3年後)
試験提供者 Pearson VUE
試験形式 テストセンター、オンライン試験
受験料 ¥50,672 (税込)

CompTIA Security+の合格率や難易度は?

CompTIA Security+の合格率は、公式サイトで公開されていません。
ただ、試験は単一・複数選択やパフォーマンスベーステスト形式で、90分の試験時間で750/900点のスコアが合格基準となっており、8割以上の正答率が求められます。
加えて、試験の内容において、セキュリティマネジメントおよびスキルを網羅しており、最新のトレンドまでも取り入れています。
このことから、模擬試験や実践的な学習を行うことで、合格に向けての対策をすることで、確実に合格に繋がっていくと言えるでしょう。

CompTIA Security+の勉強時間について

CompTIA Security+の勉強時間の目安は、IT Concepts Japanによると、50時間~100時間です。
日々の勉強時間を1時間と仮定すると、2~3ヵ月強の準備期間が必要です。
ただし、勉強開始時点での経験や知識によって、必要な学習時間は大きく異なる可能性があります。
また、Network+やCCNAなどを事前に学んでいれば、より少ない勉強時間で資格を取得することができるでしょう。
しかし、基本的なITおよびネットワーク化の知識がない場合には、3~6ヶ月を要することも少なくありません。
このように、CompTIA Security+の試験準備には、個々の経験や知識に応じて、数週間から数ヶ月の学習が必要だといえるでしょう。
また、試験の範囲が広いため、十分な準備時間を確保しましょう。

CompTIA Security+の過去問はある?勉強方法について

CompTIA Security+試験において、過去問の販売は行われていません。
しかし、試験準備のためにいくつかの効果的な方法があります。
ここからは、CompTIA Security+の勉強方法を以下に分けて解説します。
  • テキストや参考書で勉強する
  • 類似問題集で勉強する
  • CompTIA CertMaster Labsで勉強する

テキストや参考書で勉強する

CompTIA Security+における試験範囲は広いため、専門のテキストや参考書を使用して学習しましょう。
教材は、試験の内容を網羅しており、自己学習に最適です。
「The Official CompTIA Security+ Self-Paced Study Guide」の日本語版などは、eBook版と印刷版の両方で入手できます。

類似問題集で勉強する

上述の通り、CompTIA Security+の過去問はありませんが、類似の問題集を使用して学習する方法もあります。
問題集は、試験形式に慣れるのに役立ち、試験で求められるスキルの練習にもなります。
書籍名 説明
Security+問題集 SY0-501対応 実際の出題形式に近い160問の問題と解説
Security+テキスト SY0-501対応 376ページの解説と150問の練習問題
類似問題集は、最新の試験に対応しているか確認して選ぶようにしましょう。

CompTIA CertMaster Labsで勉強する

最後に、CompTIA CertMaster Labsで勉強する方法も挙げられます。
CompTIA CertMaster Labsは、ブラウザベースのバーチャルラボ環境で実践的な学習ができるプログラムです。
プログラムには、Assisted LabsとApplied Labsという2つのタイプのアクティビティがあります。
これにより、学習者はガイド付きの課題や、ガイドなしで自ら課題に取り組むことでスキルを身に付けることができます。
CompTIA CertMaster Labsを活用できれば、単なる知識だけではなく実践的な技術も習得でき、実際の職場での適用能力を高めることができるでしょう。

まとめ

CompTIA Security+の資格は、セキュリティに関する幅広い知識とスキルを証明する国際的に認められた資格です。
セキュリティエンジニアやセキュリティアナリストなど、さまざまな職種で活躍するために必要な知識やスキルを身に付けることができます。
そのため、資格を取得することで、セキュリティ分野でのキャリアパスを築くことができるでしょう。
テクノジョブサーチでは、IT業界の未経験者や経験者に対して、幅広い案件の紹介を行っています。
セキュリティエンジニアやセキュリティアナリストなど、セキュリティに関する求人も取りそろえており、資格が未取得でも転職のサポートが可能です。
ぜひテクノジョブサーチをご利用ください。