COLUMNプログラミングスクールはやめとけ?その理由や後悔しない選び方を解説

  1. ホーム > 
  2. コラム一覧 > 
  3. プログラミングスクールはやめとけ?その理由や後悔しない選び方を解説

プログラミングスクールはやめとけ?その理由や後悔しない選び方を解説

プログラミングスクール
・「プログラミングスクールに入ると後悔するのだろうか?」
・「自分はプログラミングスクールを利用するべきだろうか?」
という疑問をお持ちではありませんか?
本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を
  • プログラミングスクールはやめとけと言われる理由
  • プログラミングスクールのメリット
  • プログラミングスクールに失敗しないための選び方
の順番に解説していきます。
プログラミングスクールに通うかどうか迷っている人やプログラミングスクール選びで困っている人には役立つ記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

プログラミングスクールで後悔?やめとけと言われる理由

近年は、プログラミングスキルの需要が高まり、現在、数多くのスクールが存在しています。
しかし、スクールの特徴は多種多様であり、個人的に合わないと感じてしまうこともあるでしょう。
それは自分の志向性とスクールが提供している価値が異なるからです。
詳細を見ていきましょう。
【プログラミングスクールはやめとけと言われる理由】
・挫折する可能性もあるから
・SES企業に就職することが条件のスクールが多いから
・転職先の研修でも学ぶことができるから
・SIerなど必ずしも希望通りに転職できるわけではない

挫折する可能性もあるから

プログラミングスクールにある程度の費用を払って通ったとしても、挫折してしまい、プログラミングスキルを思うように身に付けられない可能性もあります。
プログラミングスキルを身に付けられず、費用と時間を浪費したと感じてしまい、後悔したという声は少なくありません。
なぜ、プログラミングを学ぼうとしているのか、プログラミングスキルを身に付けるための方法にはスクールに通う以外に何があるのかなどを事前によく検討すると良いでしょう。

SES企業に就職することが条件のスクールが多いから

SESとは、「システムエンジニアリングサービス」という契約形態のことを意味し、ITエンジニアがクライアント先に常駐するような形でソフトウェア開発業務などを担当します。
無料のプログラミングスクールの中には、SES企業に就職することを条件としたり、SES企業を積極的に紹介したりするスクールもあります。
SESは、常駐先でさまざまなスキルを吸収することができます。しかし、常駐先が変わり、一つのプロジェクトに長く携わることができないなど、エンジニアとしてやりたいことが実現し難いというデメリットもあり、全ての人が理想とする働き方とは言い切れない場合もあるようです。
以下の記事では、SESについて詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

転職先の研修でも学ぶことができるから

プログラミング言語を学ぶ目的として、転職したいからという人も多いのではないでしょうか。
現在、IT業界は人手不足であるため、プログラミング言語を習得していない未経験者であってもポテンシャル採用をする企業が多いです。
そのため、プログラミングスクールに通わなくても、まずは未経験で転職して、転職先の会社の研修を受けスキルアップしたり、会社の資格補助制度を利用したりすることも視野に入れて検討すると良いでしょう。

SIerなど必ずしも希望通りに転職できるわけではない

スクールによっては積極的に転職の支援や紹介などのサービスを行っているものもあるようです。例えばSlerとは、システム開発におけるコンサルティングから開発、保守などを一気通貫で請け負う企業のことを指します。
自社でシステム開発ができないクライアントなどから依頼を受け、システム開発に関わる業務を行うのがSlerです。
自社のプロジェクトに長く携わることができたり、上流で経験を積むことができたりするため、エンジニアとしては非常に人気の職場です。
プログラミングスクールの卒業生は未経験者が多いことから、SES企業を勧められることが多くあるため、Slerなどは紹介してもらえない可能性が高い傾向にあります。
想像していたような企業を紹介してもらえなかったという理由で、スクールに通って後悔する可能性が考えられるでしょう。
以下の記事では、SIerについて詳しく紹介しています。
SIerについて詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

プログラミングスクールのメリットについて

ここまで、プログラミングスクールのネガティブな側面を紹介してきました。
次に、プログラミングスクールのメリットを4つ紹介します。
プログラミングスクールに通うポジティブな側面についてもチェックしてみてください。
【プログラミングスクールのメリット】
・モチベーションを保ちやすい
・ポートフォリオを作成できる
・目的の言語を効率よく学ぶことができる
・分からないこともすぐに聞ける環境が整っている

モチベーションを保ちやすい

独学と違い、スクールでは共に学習する仲間がいる環境であるため、モチベーションを保ちやすいのが大きな特徴です。
プログラミングの学習は一筋縄ではいかないことが多く、エラーにつまずいて解決できず、挫折してしまうというケースが非常に多いと言われています。
スクールを利用すれば、仲間と質問し合いながら解決したりできる環境で、モチベーションを保ちながら学習を続けやすいでしょう。

分からないこともすぐに聞ける環境が整っている

プログラミングの学習は、どうしても自力では解決できない課題にぶつかる場面が多くあります。
分からないことにつまずいて挫折してしまうケースは多いため、すぐに質問できる環境で学習することは、プログラミングを習得するために大切な要素であると言えるでしょう。
特に、自力で学習することが苦手な人や不安を感じる人は、プログラミングスクールで学習することがおすすめです。

ポートフォリオを作成できる

ポートフォリオとは、自分の実績や所持スキル、制作物をまとめたものであり、転職などの際に自分のスキルを示すために使われます。
実績を示すことで自分のスキルを相手に理解してもらいやすくなるため、エンジニアにとって転職時のポートフォリオの提示は非常に重要です。
プログラミングスクールでは、就職支援としてポートフォリオの作成がコースに組み込まれている場合があります。
プログラミングスキルだけでなく、就職・転職時に役立つサポートを受けられるのがスクールを受講するメリットです。
以下の記事では、エンジニアの転職時のポートフォリオの作成のメリットや作成方法について詳しく解説しています。
ぜひ参考にしてください。

目的の言語を効率よく学ぶことができる

スクールで教えてもらう最大のメリットは、効率よく学習を進められることでしょう。
プログラミングスクールでは、それぞれの言語ごとにコースが設けられているため、目的の言語に特化して効率よく知識やスキルを身に付けることができます。

失敗しないプログラミングスクールの選び方

世の中に数多くあるプログラミングスクールから自分に合うスクール選びをしないと、入ってから後悔したり、思っていたような学習ができなかったりする可能性があります。
ここからは、プログラミングスクールを選ぶうえで失敗しないための選び方を3つ紹介します。
【失敗しないプログラミングスクールの選び方】
・プログラミングスクールに通う目的を明確にする
・口コミや評判を確認する
・体験授業を受けられるか確認する

プログラミングスクールに通う目的を明確にする

スクール選びで最も大切なことは、自分がスクールに通う目的を明確にすることです。
「プログラミングスキルを身に付けたい」といっても、プログラミング言語には数多くの種類があります。
どんな仕事をするために、どの言語を習得する必要があるのか、プログラミングスキルを身に付けてどうなりたいのか、といったビジョンを明確にしましょう。

口コミや評判を確認する

口コミや評判は、スクール選びに非常に役立つ指標となります。
名の知れたスクールでも口コミを見てみたら評価が思ったほど高くなかったというケースもあるでしょう。
SNSや口コミがまとめられたWebサイトを活用して生徒の声を参考にすると、実際に通うことをイメージしやすくなるでしょう。
口コミを見る際は、一人の意見を鵜吞みにせず、自分に適したスクールであるのかを見定めるための判断材料の一つとして活用してみてください。

体験授業を受けられるか確認する

プログラミングスクールに通うには、ある程度の費用がかかります。
「費用を払ったのに」と後悔しないよう、カウンセリングや説明会などを受けてからスクールを決めると安心です。
体験授業がある場合は、積極的に利用し、疑問を解消した上で入校すると、スクール選びの失敗を防ぐことができるでしょう。

プログラミングスクールが必要ない人の特徴

プログラミングスクールは、効率良く学習を進めるために活用できます。
しかし、プログラミングスクールは、プログラミングを学ぶすべての人に必要なわけではありません。
ここからは、プログラミングスクールが必要ない人の特徴を2つ紹介します。
【プログラミングスクールが必要ない人の特徴】
・独学でもモチベーションを高く維持できる人
・すでにプログラミングのスキルを持っており、レベルアップしたい人

独学でもモチベーションを高く維持できる人

スクールなどの学習の場がなくても、独学でモチベーションを保てる人はプログラミングスクールが必要ないと言えるでしょう。
紹介した通り、習得難易度は高いものの、プログラミングスキルは独学でも取得可能です。
一人でも学習のモチベーションを保つことができたり、スクール以外に一緒に頑張る仲間がいたりする場合は、わざわざスクールを利用する必要はないでしょう。

すでにプログラミングのスキルを持っており、レベルアップしたい人

すでにある程度のプログラミングスキルを持っている人でスキルのレベルアップを考えている場合は、スクールで学習するよりも実戦経験を積むのがおすすめです。
エンジニアは特に、実績や経験が強く求められる職業です。
そのため、スクール等で学習を進めるよりも、実務で経験を積み、ポートフォリオに載せられる実績作りを進めた方がレベルアップにつながります。
今の職場でなかなか実績を積めないという人は、転職でレベルアップ・キャリアアップを目指すと良いでしょう。

まとめ

プログラミングスクールは、初心者がプログラミングについて学び始める場として非常に有効です。
しかし、すぐに実践的なスキルを身に付けたい人は、スクールに通って学習するよりも、未経験可能なIT企業に転職して実務経験を積んだ方が、より早くエンジニア転職を成功させやすくなるでしょう。
テクノジョブサーチでは、IT業界未経験者でも応募可能な案件を豊富に用意しています。
未経験者や経験の少ない人、キャリアアップを目指す人など、多様な働き方をサポートします。
これからエンジニアを目指す人は、テクノジョブサーチで自分に合った未経験案件を探してみてください。